NISA拡充の背景…国策として力を入れるスタートアップ育成!?

ブログ

政府は年末までにNISA拡充策を決定し
2023年度税制改正大綱に反映させる
予定です。

ここ数年でよく耳にするようになった
NISA(少額投資非課税制度)

気になっている方も多いのでは?^_^

こんにちは!

ちょっと賢くなるお金のミニコラムとして
最新の経済情報などを紹介しています!

今回の注目トピックはNISA拡充の背景
ついてです。

その背景のひとつ にあるのは
日本型イノベーション創出に向けた
スタートアップ支援です。

この国策の意図を考えます。

国策として力を入れるスタートアップ育成⁉︎
…NISA拡充の背景

【日本型イノベーション創出に向け…】

スタートアップの育成については、
先週末に成立した第2次補正予算に
過去最大規模となる1兆円が計上されました。

育成5か年計画として打ち立てられ、2027年度

①スタートアップへの投資額10倍超(10兆円)
②ユニコーン企業100社
③スタートアップ10万社創出
④シリコンバレーなど海外への派遣人数1000人

などといった数値目標が多く掲げられています

最終目標はイノベーションの創出を通じた
日本経済の生産性向上と成長力強化ですが、

そのために新しい技術や産業を生み出す
スタートアップを強力に支援する姿勢です。

【個人マネーを株式市場に…】

この育成計画の一つとして、
個人のリスクマネーを企業成長に
利用するための柱が資産所得倍増プランです。

NISA(少額投資非課税制度)の投資上限
引き上げ、投資期間の恒久化、制度の恒久化を
通じて今後5年で口座数および投資額を2倍
まで引き上げる計画です。

ただNISAの規模は家計金融資産全体の
2.8%に過ぎずこれだけでは不十分と言えます。

NISA倍増にとどまらず、
個人金融資産を株式市場に向かわせ
企業の成長を支えるような取り組みを
広範囲に進めていく必要があり、

そうした具体策の策定が期待されています。

先週の振り返り

先週の株式&為替相場(前週末比)

日経平均:27,777円(-506円)
ドル円:134.26円
NY株式:34,429.88㌦(+87㌦)

 

先週の日経平均株価

先週は世界経済の動向に影響を受け
軟調でした。

週前半は中国のゼロコロナ政策に対する
混乱が世界の物流にも悪影響を及ぼすとの
見方が強まり、

米国株も大きく崩れた事から
日本株も売られました

ただ続落する中でも下落幅は限定的であり
底堅さが見られる展開でした。

米国では来週13~14日
FOMC(金融政策を決める会議)を前に
様子見姿勢が強まっています

ただパウエル議長が早ければ12月から
利上げ幅を縮小する旨の発言している事から
警戒感は高くありません

また円高(ドル安)は米国株の支援材料と
なっており下値は堅そうです。

【資金の流れ】
輸出関連株 ⇒ 好決算株 米ドル ⇒ 円

 

今週の話題

暗号資産界のリーマンショック、
FTX破綻が招くバブル崩壊

【解説】

暗号資産取引所大手のFTXが破綻したことで
暗号資産貸付の米ブロックファイも
連鎖破綻しました。

2021年 11月に3兆㌦(約420兆円)を
超えていた暗号資産の時価総額は
1年で2兆㌦(280兆円)が吹き飛びました

【ポイント】

5月にステーブルコイン
(仮想通貨を安定させる為の裏付け資産)の
テラが暴落した事で元本は
保全されているとの期待が裏切られ
仮想通貨の信頼が揺らぎました

利用者は保護されず大きな損失を
被ることとなりました。

【今後の影響】

投機による値動きが激しく決済利用には
適さないことが改めて浮き彫りとなりました。
IMF(国際通貨基金) からもより批判的な
目で判断し強力な規制が必要
述べている事から、欧米当局も規制強化に
動きそうです。

****

本資料は資産運用の参考となる知識構築を
目的としており、投資勧誘を目的として
作成したものではありません 。

投資に関する最終決断に関してはご自身の
ご判断で行ってください。

なお記載あるデータおよび表現等の
欠落・誤謬につきまして
当社は責任を
負いかねますのでご了承ください。