20代?30代?住宅購入のタイミングはどっちが正解!? 【後編】30代後半の新婚さんご夫婦の住宅購入事情

ブログ

住宅購入のタイミングはいつが良いか?
の答えはハッキリとした正解がありません。

早ければ良いという訳でもなく
遅くなるほど困難になるのも事実です。

どちらにもメリットデメリットがあります。

【前編】20代後半のご夫婦の住宅購入事例
https://www.nagoya-ouchi.net/blog/3401.html

 

30代後半のご夫婦Sさんの事例

 

今回は30代後半のご夫婦Sさんの事例に
ついて解説します。

当店にご来店されたSさんは来年(2023年)の
夏に入籍予定のお二人。

年齢はお二人とも30代後半で、できれば
入籍と同時に持ち家の新居に住みたい!
と考えています。

Sさんの周りの同世代の友人たちは
一足先に結婚をし、子どもが生まれ、
持ち家に住んでたりしています。

それもあってSさんとしては、
早く子どもも欲しいし早く家を建てたい、
という希望でした。

ただひとつ気になっていることが
ありました。

 

それは…

 

同世代の友人たちよりも住宅ローンを組む
年齢が遅いということです。

 

Sさんは来年40才になる歳です。

Sさんがお勤めしている会社は定年退職が60才、
その後、延長雇用で65才までは仕事をする
予定ですが、60才以降のお給料はおそらく
現役時代の半分程度。

今から住宅ローンを借りるのは良いけど、
果たして定年までに住宅ローンを返し終える
ことができるだろうか?
というのがSさんの不安ごとでした。

働く期間と住宅ローン返済期間!
30代後半夫婦の住宅ローン計画

Sさんが心配する通り、
注意すべきは住宅ローンの返済期間です。

原則、住宅ローン返済期間は35年返済で
組む方が多いです。

Sさんが40才から住宅ローンを組んだ場合、
35年後は75才になっています。

おそらく退職して年金生活をしている
ことでしょう。

そんな歳まで住宅ローンが残っているのって
どうでしょうか?

ちょっと計画に無理がありそうです。

では返済期間を短く組んだ場合は
どうなるでしょうか?

25年返済で計画すればSさんが
65才で住宅ローンは終わります。

でも返済期間を短く設定するということは
当然、毎月の返済額は高くなります。

例えば
5000万円の住宅ローンを金利1.5%
で借りた場合、

毎月の返済額は以下のようになります。

▶︎返済期間35年---153,090円/月

▶︎返済期間25年---172,560円/月

 

毎月の返済額が約2万円ほど負担増
なります。

ではSさんはどうすればよいのでしょうか?

 

まずは現状把握で条件チェック

とは言えいきなり悲観する必要もありません。

30代後半のSさんと若くして住宅購入をした
周りの友人たちと条件を比較すると、

 

Sさんのほうが有利な点もあります。

・手元の貯金が潤沢にある(はず)

・お給料が高い(はず)

 

若い夫婦に比べて上記2点がSさんの
有利な点です。

まず若い夫婦に比べて手元の貯金が
多いはずです。

つまり若い夫婦よりも自己資金を
たくさん準備することができるので、

結果、住宅ローン借入額を抑えられる
可能性が高いです。

また、若い夫婦に比べて年収も
高くなっていることが多いと思います。

毎月の住宅ローン返済にも余裕があります。

もちろんそうでないケースもあります。

特に手元の貯金に関しては、
貯蓄できる期間がこれまで長かったのにも
関わらず、

思ったよりも残っていない場合は
過去(これまでのやりくり)に問題が
あったと言わざるを得ません。

まずはこれらの条件を把握することが
大切です。

30代後半ご夫婦が安心して
住宅ローンと向き合うためには?

上記のような条件(手元の預貯金額と収入)を
確認したうえで、安心して住宅ローンと
向き合うための一番のポイントは、
“老後を迎えたときのゴール設定”です。

退職年齢のころには住宅ローンが
残っていない状態が望ましいですよね。

ただ住宅ローンを返済し終わっていたとしても
そのとき貯金がゼロだったとしたら
どうでしょうか?

老後の生活が心配ですね。

安心して老後を迎えられる体制づくりこそが
大切です。

先ほどの例で40才時に住宅ローン5000万円を
35年返済で借りると、65才になった時点では
まだ1800万円ほど住宅ローンが残っています。

でもそのときに手元資金が5000万円あったら
どうでしょうか?

その資金で住宅ローンを完済することも
できますし、あるいは住宅ローンはあえて
ゆっくり返済していき手元資金5000万円を
資産運用していくという選択もできます。

 

Sさんのように周りの同世代よりも
住宅購入時期が遅いご夫婦のご相談が
増えています。

「自分たち夫婦の場合はどうか?」
気になる方は是非、当店にご相談ください。

専門のコンサルタントが安心して計画を
進めるためのアドバイスを致します。

おうちの買い方相談室名古屋西店 岩本貴久