おうちの買い方相談室 お知らせ

HOME > お知らせ > お知らせ

お子様、大人の方も楽しんでご参加いただけるイベント開催中!

ブログ|2020.08.15

想定外の出来事

こんにちは。ファイナンシャルプランナー白都良洋です。

お盆休み真っただ中ですが、今年はコロナウイルスの影響で外出が難しいですね。

多くの感染者が出てるので、とても不安ですね(T_T)

こんな時期でも自宅や一人でできる趣味などあればいいのですが・・・(゚Д゚)

皆さんはどのような趣味をお持ちですか?

 

先日、数年前にライフプラン相談をした方からご連絡をいただきました!!!

電話から聞こえてくる声も、お元気そうだっただので安心をしました!!!

ご連絡をいただいた件は、お子さんがもう一人増えるとのこと(^_^)

「おめでとうございます!!!」と伝えるも、嬉しさと不安そうな感じでした。

色々とお話をしていると、心配事が・・・と。

当初は二人のお子さんがいて、増えることはないとのことでしたので、ライフプランを作成しました。

その際に住宅資金相談もしていたので、子供が増えるとローンの支払いや、教育資金が準備できるか心配になり、私にご連絡いただいた。

お子さんが一人増えることによって、多くのお金が必要になります。

私からはライフプランのやり直しを提案しました!!!

再度ご家族のヒヤリングをし、ライフプランを作成することで問題点がわかります。その後、改善案など一緒に考えていきたいと思います。

このようなご相談は多いです。

一般的にお子さんを大学まで行かせると、3000万位かかると言われています。

3000万もかからないと思われる方がいましたら、少し考えてみてください。

0歳から22歳までにかかる費用、生活費、習い事の費用、制服代、定期代、教育費、下宿した場合の費用と、とても多くの費用がかかります。

簡単に考えていると子供の教育費は準備できません!!!

準備ができなければ「奨学金を借りる?」又は「教育ローンを借りる?」と、お金を借りる選択しかありません。

皆さんはどのように考えていますか?

ご自身のお子さんが大学に行きたいと聞いた時、皆さんはどのようにお子さんに伝えたいですか?

「お金のことは心配しなくていい」又は「奨学金を借りてほしい」

どちらが正しいとかはありません。

前者であれば、時間をかけて貯蓄をしなければなりません。

後者であれば、親から援助するしない。する場合は貯蓄をしないといけません。

親が援助する場合は、目標金額を決め貯めていかないといけません。

ですが、いくら教育にかかるのか知らない人が多いと思います。

しっかりとした事前準備をしなければ、何百万というお金は貯めれません!!!

ライフプランをすることにより、いくら貯めればいいのか明確になります。

このような心配を抱えている方は、お気軽にご相談ください。

一緒に、皆さんに合った貯め方を見つけていきましょう!!!!

ブログ一覧に戻る

アクセス

おうちの買い方相談室名古屋店

住所 : 〒490-1134 愛知県海部郡大治町大字東條字砂島9番地 ホワイトスクエア1階D号

名駅相談室

住所 : 〒450-0003 愛知県名古屋市中村区名駅南1-17-10スズワン05ビル2階 有限会社東海FPセンター内