住宅ローン、今から借りる人は変動金利で大丈夫!?

ブログ

こんにちは(^^

おうちの買い方相談室の岩本です。

住宅の資金計画を立てるうえで、成功の秘訣は何といっても「住宅ローン選び」です。

 

日本の住宅ローン金利は、長期に渡り低金利時代が続いていますが、

今から住宅ローンの返済を始める人にとって今後低金利がずっと続くかどうかは分かりません。

アメリカの住宅ローン金利は何と5%にまで上昇しています。

世の中が不安定な今だからこそ、住宅ローン選びは慎重に進めていきましょう。

 

住宅ローンを検討するにあたり一番の肝が、住宅ローンのタイプ選びです。

 

「変動金利タイプ」

「固定金利タイプ」

このどちらを選択するか?

ここがやはり大きな分かれ道となります。

 

それぞれの特徴やメリットデメリットは、これまでにもブログで何度か解説してきましたので、

今回は「変動金利」を選択した場合のリスクについて解説したいと思います。

 

変動金利のデメリット

変動金利のデメリットは何といっても「金利が変動」することです。

当たり前のことですね。

返済がスタートしたときの金利がずっと続くということはないと思ったほうが良いでしょう。

最大の注意点は金利が上がったとき、です。

 

 

ケーススタディ

住宅ローン借入額5000万円

返済期間35年

元利均等返済

月払い(ボーナス払いなし)

金利0.5%

 

この条件で住宅ローンを借りると毎月の返済額は

 

129,800円/月

 

となります。

 

ここで変動金利タイプの住宅ローンの特徴を確認すると、

 

①金利の見直しは半年ごと

②返済額の見直しは5年ごと

 

です。

 

少しややこしいのですが、毎月の返済額 129,800円/月 は5年間変わらない一方で、

金利は半年ごとに更新されます。

 

となると半年ごとの金利更新がどこに影響を及ぼすのか?というと…

 

毎月支払う129,800円/月の内訳(支払金利と元金返済)に影響を及ぼします。

 

半年ごとに金利が上昇しても毎月の支払額 129,800円/月 は5年間変わりませんが、

その中から利息の支払いに回される額が増額します。

 

 

返済スタート時の金利0.5%

このときの12,980円/月の内訳は

 

・支払利息20,800円/月

・元金返済109,000円/月

 

 

返済開始から1年後(ローン残高4870万円)、金利が1%上昇した場合、

 

月々の返済額 129,800円/月

・支払利息 40,600円/

・元金返済 89,200円/

 

 

金利が0.5%上昇すると、状況がかなり変わります。

返済がスタートした当初の予定よりも元金返済のスピードが遅くなります。

予定どおり返済が進まなくなるということです。

 

この状況変化が次はどこに影響を及ぼすかというと、返済スタートから5年経過後、

つまり5年ごとの返済額見直しのタイミングです。

 

当初の予定通り元金を返済していない訳ですから、次の5年は当然、毎月の返済額が上がってしまいます。

 

5年ごとの返済額見直しは、上限ルールが設けられており、

毎月の返済額の増額は1.25倍までとなっています。

 

ということは、

 

129,800円/月 × 1.25 = 162,250円/月

 

どんなに金利が上昇しても、次の5年は162,250円/月以上にはならない、

となっています。

 

ただこれは、支払いをおまけしてくれている訳ではなく、

その更に次の5年に問題が先送りされるだけです。

支払いが免除されるような仕組みとは違います。

 

 

このように、住宅ローンの変動金利タイプは

見た目の金利が非常に低金利で良い条件に見られがちですが、

金利が上昇傾向となった場合、返済の条件がどんどん悪化してしまいます。

 

変動金利タイプを選択したい場合は、その仕組みをしっかりと理解すること、

そして金利が上昇してしまった場合に対処できる家計かどうか?

を見極めてから選ぶようにしましょう。

 

 

おうちの買い方相談室では、変動金利タイプの金利上昇シミュレーションから

金利が上がってしまった場合の対処方法のシミュレーションまでしっかりとサポートしています。

 

今後の住宅ローン選びに迷われている方は是非ご相談下さい。

 

おうちの買い方相談室 名古屋西店

岩本貴久